症 例
長坂歯科での患者さま体験談1(腰痛と歯周病の改善)→[読む]
長坂歯科での患者さま体験談2(かみ合わせと歯周病の改善)→[読む]
長坂歯科での患者さま体験談3(腰痛とかみ合わせの改善)→[読む]
長坂歯科での患者さま体験談4 →[読む]
長坂歯科での患者さまの声5 →[読む]
長坂歯科での患者さま体験談7(動眼神経麻痺の改善)→[読む]
長坂歯科での患者さま体験談8(睡眠時無呼吸症候群の改善)→[読む]
長坂歯科での患者さま体験談9(歯周病の改善)→[読む]











患者さま体験談6(全身の関節痛と歯周病の改善)
谷田芳子さん 74歳 主婦


噛み合わせ治療で全身の関節痛がうそのように軽快していきました。
歯周病もよくなってたくあんも噛めるようになりました。

 3年前、私は原因不明の全身の痛みに襲われました。首から肩、腕、腰、ひざ、足首まで全身の関節が痛み、体を動かすとまるで針で刺されるような痛みが走るのです。体中が痛くて立ち上がることもできず、はいつくばりながら階段を上がり下りするような情けない状態でした。
 整形外科や内科で検査を受けましたが、異常は見つかりません。しかし、症状は日に日に悪くなる一方でした。
 ただ、長年通っているカイロプラクティックの先生からは「原因は歯だよ。」と指摘されました。
 当時の私は、歯周病で歯がグラグラになり、上と下の歯を各3本抜いて入れ歯を作ってもらったものの、その入れ歯が合わずにいつも外していました。きちんと歯の治療をしたいけれど、いい歯医者さんが見つからずに困っていた時、先輩から長坂歯科を勧められたのです。

 長坂先生に診ていただくと開口一番、「歯がこんな状態じゃ、全身がボロボロでしょう。」と言われました。レントゲン写真を見ると上下の歯列がねじれており、顎関節症で口が開かず、指1本分しか開きません。まず噛み合わせの治療をしてから、歯の治療を行うことになりました。
 2週間に1回、通院治療を行うとともに、自宅でも毎日1~2回、専用のチューブを前歯にくわえて5~10回噛むトレーニングを実行しました。このトレーニングを行うと、不思議とその場で肩が軽くなります。
 初診から2か月後の2013年10月に新しい入れ歯が完成し、入れ歯を装着して噛み合わせ治療を始めてからは、症状はどんどん軽快していきました。前の歯医者では「うちでは治療できません。」と言われた顎関節症も、開口時のあごの痛みが軽くなり、口が開くようになりました。10月末にはひざ立ちできるようになり、腕を後ろに回して服を着替えられるようになりました。その数週間後には腰が伸びてまっすぐ立って歩けるようになり、11月には、着物で茶道のお稽古ができるまでに回復したのです。今ではラジオ体操や旅行ができるほど元気になりました。
 歯周病でグラグラだった歯も、今は歯列が整い、しっかりしていて、たくあんをバリバリ噛んでもなんともありません。
 「このまま寝たきりになるかも」と思っていた体が、ここまで元気になるなんて、私自身が本当に驚いています。

 院長のコメント
 谷田さんの全身の痛みは原因不明ですが、噛み合わせの悪い状態が続くとゆがみは頸椎から全身に波及していきます。姿勢のバランスがくずれた結果、腰やひざに過度な負担がかかり、腰痛、ひざ痛をひきおこすわけです。
 又、私は歯周病の原因は噛み合わせの不具合によって歯の周りの組織が血流障害になることだと考えています。噛み合わせトレーニングは歯周病改善にも大きな効果をあげています。

    この体験談は(株)マキノ出版編集部より患者様が直接取材を受けたものです。
    患者様の氏名は仮名です。
    同内容の記事は健康雑誌「ゆほびか」2015年4月号に掲載されております。

  長坂歯科での患者さま体験談1(腰痛と歯周病の改善)→[読む]
  長坂歯科での患者さま体験談2(かみ合わせと歯周病の改善)→[読む]
  長坂歯科での患者さま体験談3(腰痛とかみ合わせの改善)→[読む]
  長坂歯科での患者さま体験談4 →[読む]
  長坂歯科での患者さまの声5 →[読む]
  長坂歯科での患者さま体験談7(動眼神経麻痺の改善)→[読む]
  長坂歯科での患者さま体験談8(睡眠時無呼吸症候群の改善)→[読む]
  長坂歯科での患者さま体験談9(歯周病の改善)→[読む]